2011年12月03日

【多忙なあなたの仕事中毒度チェック】

(1)仕事をしていないと不安

仕事の手を休めると罪悪感をおぼえ、数時間でも職場を離れると「音信普通」になっていなか心配になる。そんなことありませんか?


(2)ぎりぎりになるまでやらない

やる気を起こすために、物事を先送りにし、ぎりぎりになるまで手をつけないことが多くありませんか?


(3)「ながら」食事が増えている。

外出のついでに急いで食事をしたり、仕事や運転をしながら食べることがよくあるのでは?


(4)プライベートを犠牲にしている

仕事を終わらせるためや会議に参加するために、家族や友人と過ごす時間を削っていませんか?


(5)プレッシャー中毒になる

自分は「プレッシャーの中でこそ、最高の力を発揮する」と思っていませんか?


(6)ゆとりの時間がない

日常の中で、瞑想、くつろぎ、あるいは気晴らしのための時間がないのでは?

そして、時間の余裕がないことを「人のせい」にしていませんか?


(7)問題を解決することにアイデンティティを感じる

自分の存在する意味や目的があると感じられるのは、問題を解決したときではありませんか?


(8)やりたいことを先送りしている

いつか、自分が本当にやりたいことができるという希望ばかりを追い続けてはいませんか?


(9)順番を待てない

列に並ぶことや待つこが大嫌いでは?


(10)遅刻しがち

スケジュールがいっぱいで、予定のミーティングやイベントによく遅れていませんか?






●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)


●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(2)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(2)
posted by ホーライ at 18:20| Comment(0) | 一流の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

「デキる人は皆やっている一流の仕事術」●今日やるべき仕事は今日終わらせる

「勝てる人は、今日やるべき仕事を、今日中に終わらせることに真剣な人です。」

今日やるべきことを明日に持ち越してはいけません。

明日は明日で、またその日のうちにやらなければならないことが出てくるからです。

一流の人は、そのことをよくわきまえています。


目の前の仕事を終わらせることができなくて、なんで新しいことができようか。

1日の仕事もやり切れなくて、どうして夢や目標を達成できようか、という精神です。


「明日があるさ」と思っていること自体、真剣に目標に向かって努力するときの障害になります。

成功者とは、その日にやるべき仕事をコツコツと全力でやり、1日1日を完結させることができます。

私はあるときから、1日を人の一生として捉え始めました。

人生のメンターから教わったのです。

人生山あり谷ありで、いつ死ぬかわからないのです。

朝、目覚めることによって「生」を受け、夜、眠りに入るときに「死」を迎えます。

朝起きるまでの寝ている間は、次に生まれ変わるまでの期間とみなすのです。


この考えでいくと、生きている間、つまり朝起きてから夜寝るまでの間に、やるべきことをすべてやらなければ、充実した1日(一生)を送れないことを意味しています。

明日は来世です。

そう思えば、1日を真剣に生きようとし始めます。

要するに、今、この瞬間を大切に全力で生きるのです。

仕事も同じです。

目の前にあることに、誠心誠意、一生懸命やり切ることです。

仕事で成果を出すということは、その積み重ねでしかありませんから。






●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)
posted by ホーライ at 05:09| Comment(0) | 一流の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

仕事の95%は見えない部分で成立している。

目に見える数字や成果を残しているのに会社に評価されないのは、目に見えない部分の問題があるのかもしれません。

実はビジネスパーソンの仕事のうち、数字という形で成果を表すことができる部分はわずか5%。

残りの95%は、表舞台で脚光を浴びることのない仕事なのです。

たとえば、長年の付き合いがある小売店の経営状態が悪化したが、結果的に持ち直して何事もなかったとしましょう。

この時、売掛金の回収はできると判断した営業パースンは大量の商品を納入して見事に成績を上げました。

一方、倒産を心配した担当者は、とりあえず通常の半分だけ納品して、自ら店頭に立って販売促進の手伝いをしました。

小売店のアップには貢献したものの、自分の成績は大幅ダウンです。

表面的には、数字という成果をあげた前者の担当者のほうが優秀に見えるかもしれません。

しかし、長い目で見れば、会社が評価するのは成績が悪かったほうの担当者です。

もし、小売店が倒産していたら、会社は販路の一つを失うだけではなく、本来得られるはずの売掛金も失ってしまうことになります。


このケースのように、ビジネスパーソンの大事な仕事のほとんどは、簡単に成果に置き換えられない水面下の部分で行われます。

たとえばお客様からのクレームに誠心誠意対応するのは、会社の信用に関わる重要な仕事。

また、パート社員の都合に合わせて上手に勤務ローテーションを組んだり、同僚がスムーズに仕事ができるように備品を補充するのも、現場では欠かせない仕事でしょう。


数字等の成績はいいのに、会社の評価が低いという人は、自分の仕事ぶりをもう一度、見直してみましょう。

ルーチンワークを雑にこなしていないか、やるべきことをやらずに、同僚に余計な負担をかけていないあ。

このように水面下の仕事に責任を持って取り組んでこそ、会社の求める人材になれるのです。




●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)

posted by ホーライ at 20:42| Comment(0) | 一流の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。